2019年7月8日 田原本バッティングセンターで 野球教室

  • 2019年7月8日 池内豊監督による8名限定の野球教室を 田原本バッティングセンターで行いました。 店長のご好意での開催です。 小学4年生から中学3年生が受講下さいました。 終了後のアンケートによれば、 「わかりやすかった」 「すぐに良くなりビックリした」 などの感想を頂きました。 嬉しいです

練習会「求む!野球小僧」

◆求む!野球小僧(NARA DEERS練習会)

◆日時:2019.7.13(土)・20日(土)13ー17時

◆場所:ならっき-球場(大和郡山市営球場)

◆参加費:1,000円(傷害保険代として)

◆申込:前日まで申込要 

       

 

2019.2.2 池内監督、県南部の公立五校合同練習へ指導

1-7 1-8

社会人硬式野球クラブチーム NARA DEERS(運営:一般社団法人奈良しかさんず)の活動報告です。発行は不定期。ニュースになりそうな活動実施ごとにご報告します⚾

外部コーチを務める大淀高校へ協力

NARA DEERS 池内豊監督は、奈良県の野球の底上げに尽力しようと、平成30年度の県立大淀高校硬式野球部外部コーチを務めました。  その活動の一環で、2月2日(土)に大淀高校など、県の南部と言われるエリアの公立高校5校の合同練習が実施され、池内監督が指導しました。参加したのは、主催の大淀高校のほか、五條、吉野、御所実業、十津川高校の硬式野球部部員の約80名のみなさん。

野球の基本、キャッチボールから

2月の初旬はまだ雪が残っており、体育館での練習だったため、送球を中心とした指導内容となりました。  送球、捕球の基本は、やはりキャッチボールです。はじめは、近い距離で のキャッチボールから、送球フォームの確認をしてもらいました。  頭を動かさずに投げると、体の芯がぶれずに投げられコントロールが良くなることから、帽子を頭に乗せ、帽子が頭からずり落ちないように投げるよう意識して送球させたり、3人一組になって中継プレーさながらのキャッチボールの仕方を指導しました。 ・上手くなるのに必要なこと  最後に質問コーナーでは「野球が上手くなる方法は」との質問に、『私がプロに入りにコーチに言われたことは、つま先が白線の上に揃うように歩く事を練習時以外でも意識してごらん』と言われました。要するに一つ事を常に心がけて、やり続けることが大事なのでは」とアドバイスしていました。NARA DEERSは、今後も、奈良県の野球の底上げに尽力して参ります。

 

2019.1.5 NARA DEERS始動しています

1-11  1-4

社会人硬式野球クラブチーム NARA DEERS(運営:一般社団法人奈良しかさんず)の活動報告です。発行は不定期。ニュースになりそうな活動実施ごとにご報告します⚾

1月より合同練習をスタート

NARA DEERSは昨年12月8日に第1回トライアウトを実施して以降、部員13名までになりました。メンバーが集まってきたのを機に、今年1月5日(土)に龍間グリーンフィールドで初練習を行って以来、合同練習をスタートさせています。

練習は、週に4回実施

NARA DEERSの練習は、火曜金曜、土曜、日曜の週に4回です。  残念ながら専用グランドがないため、グランド練習がなかなかできず、私有地をお借りして、または、月に2回程度は室内練習場を借りて行っています。

私有地での練習は、キャッチボール、ノック、ティーバッティングなど、基本に立ち返ったメニューが主です。室内練習場では、広さが十分あるのでフリーバッティング練習なども取り入れて実施しています。

グランドでの場合は、シートノックやフリーバッティングを行っています。 ・連盟登録申請には20名が必要   現在、部員は13名です。奈良県の高校出身の選手を中心に、池内監督の指導を受けたいと、大阪、京都神戸から通って来てくれている選手たちです。私たちが主戦場とするところは、社会人野球です。JABA(日本野球連盟)に登録しなければなりません。ところが、登録には20名の選手が必要なことから、現在登録へ向けて準備中です。早く登録できるよう、引き続き、選手を募って参ります。

2018.12.8 第1回トライアウトを実施 9名合格

1-5 1-9

社会人硬式野球クラブチーム NARA DEERS(運営:一般社団法人奈良しかさんず)の活動報告です。発行は不定期。ニュースになりそうな活動実施ごとにご報告します⚾

トライアウトエントリーは9名

NARA DEERSでは、日本野球連盟に加盟申請し、2019年シーズンから公式大会に出場できることを目標に、現在、チームづくりに励んでいます。  12月8日(土)に、上野公園野球場(五條市)において、第1回トライアウトを実施しました。

エントリーは、御所実業高校や五條高校に通う、来春卒業見込みの現役高3生から現軟式野球チームに所属する42歳までの全9名。2名を除き全員が奈良県在住の選手でした。ポジションはキャッチャーが3名も。どのチームでもキャッチャー不足で泣かされていることが常ですから、願ってもないこととなりました。テストは、一塁ベース駆け抜け、シートノック、ロングティーという内容で行いました。

潜在能力の高い選手に期待 

今回は、エントリー9名全員が合格しました! なかには、高田商業で昨年のセンバツに出場し主力として活躍した大学1年生選手もおり、NARA DEERSでの活躍にも期待がかかります。池内豊監督の総括です。「予想以上に、潜在能力の高い選手が集まってくれこれからが楽しみです。年齢の高い選手は戦力的にというよりは、若手選手を引き上げてくれることへの期待を込めて合格にしました」  次回トライアウトは1月5日(土)大東龍間グリーンフィールド(大阪府大東市)で実施予定です。

2018.12.8 奈良県軟式野球連盟五條支部へ野球教室開催

1-2 1-3

社会人硬式野球クラブチーム NARA DEERS(運営:一般社団法人奈良しかさんず)の活動報告です。発行は不定期。ニュースになりそうな活動実施ごとにご報告します⚾

チーム初の野球教室を実施

NARA DEERSは、12月8日(土)に実施したトライアウトの前に、上野公園野球場(五條市)において、奈良県軟式野球連盟五條支部のご協力の下、学童チームに野球教室を開催しました。

参加してくれたのは大和明星子供会の年長~小5、21名のみなさん。NARA DEERSからは、池内豊監督はじめ、コーチ一人、選手2人が参加し、子供たちと一緒にボールを追いかけました.池内豊監督は、現役時代に所属していた阪神タイガースのユニフォームを着ての熱血指導を行いました。

ボールの握り方から対戦まで

キャッチボールに始まり、投手、キャッチャー、内外野へ分かれて守備教室、バッティング練習を行うと、最後は、チームを2つに分けてティーボール形式で対戦し大いに盛り上がりました。池内豊監督がはじめにボールの握り方やボールを投げる時の腕の振り方を教えると、子どもたちは瞬く間にキャッチボールが上達、子どもたちはアッという間に野球の楽しさに引き込まれていたようでした。  これまで幾度となく少年少女へ野球教室を行ってきた池内豊監督。わかりやすく、興味を引く指導はお手のもの。大和明星子供会のみなさんには最後まで楽しんでもらえたようです。子どもたちの様子を見守っていた同チーム中山監督は「池内監督の教え方を普段の練習にもれ取り入れていこうと思います」と話していました。.NARA DEERSは今後も野球の普及活動として野球教室を実施していきます